弁護士生活3ヶ月(平成19年12月頃の文章)

弁護士になって3ヶ月が過ぎた。あいかわらず裁判官に呆れられたり,書記官に失笑されたりしているけれど,それでもどうにか日々の仕事をこなしている。最近では法廷に出ても,さほど緊張しなくなった。準備書面も独力で書ける部分が増えてきた。なんとかこの世界で生きていけるかも,漠然とそんな風に感じ始めている今日この頃だ。